診療について

緩和ケア内科

日本における緩和ケアの現状

がん対策基本法の施行(2007年)により、がん診療の初期から終末期に至るまで、切れ目のない緩和ケアが提供されるようになりました。 現在では、疼痛や呼吸苦、倦怠感などの身体症状から、不安や抑うつ、適応障害などの心理精神症状まで、患者さんを全人的かつ総合的に支援していくことを目標に、多職種によるチームアプローチが実践されています。 またその支援は、がん診療拠点病院による診断、治療がおこなわれる早期の段階から始まり、終末期の在宅療養まで、様々な医療機関がその診療能力に応じて、入院、外来、訪問による診療により提供されています。

当院緩和ケア内科の特色

入院と外来で継続的な診療

当院の緩和ケア内科では、主に進行がんやがん末期の患者さんのケアを担当しています。がん症状の厳しい患者さんは緩和ケア(ホスピス)病棟への入院療養で、病状に余裕がある時期は住み慣れたご自宅で療養しながら緩和ケア外来を受診していただいています。外来と入院の両面をカバーすることで、患者さんへの継続的な診療が可能となっています。 また国が在宅療養を進めている一方で、仕事の都合や核家族化など、自宅でのケアが難しいご家庭は少なくありません。それぞれのご家庭の事情も考慮して、自宅療養中の患者さんの短期入院にも対応しています。

他診療科医師との連携

さらにがんに伴う苦痛には様々なものがあります。当院には心療内科や精神科、皮膚科の常勤医師がいますので、心理的苦痛に対しては心療内科及び精神科医、褥瘡(床ずれ)に対しては皮膚科医と連携し診療にあたっています。

入院・通院について

緩和ケア相談(入院相談)

緩和ケア(ホスピス)病棟への入院を希望される方には、状況に応じて、事前に面談をおこなわせていただきます。紹介状や検査データなどから病状・病期を判断し、入院の必要性を検討します。

入院療養

がん症状が厳しい方、在宅療養が困難な方に対しては、入院療養を勧めています。食事が摂れ、歩行が安定する等、ご自宅での生活が可能と判断される場合は、一旦退院していただき在宅療養、並びに外来通院を提案しています。 また当院には緩和ケア病棟以外にも、一般病棟(86床)や地域包括ケア病棟(104床)などの病棟がありますので、患者様の状態によっては一般病棟など他の病棟での入院療養を調整させていただく場合もあります。

外来通院

食事が摂れ、歩行も安定し、がん症状が軽症の方には、緩和ケア外来への通院を提案しています。がん症状が増強してきても、内服薬や座薬、貼付剤の組み合わせで症状を緩和、できるだけ長くご自宅での生活を送っていただけるようサポートします。 また外来受診の際には、患者さんへの負担とならないよう、各種検査をできるだけ早く済ませられるよう(1時間以内)努めています。

緩和ケア病棟の紹介ページはこちら

緩和ケアチームの活動

当院は緩和ケア病棟以外にも、一般病棟や地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟などを有する、地域に根差した一般病院です。緩和ケア病棟以外の病棟におけるがん診療をサポートする目的で、医師、緩和ケア認定看護師や薬剤師、ソーシャルワーカーなど、多職種で構成する緩和ケアチームを設置。身体症状から精神心理症状まで、幅広いケアやサポートをおこなっています。

地域との連携

がん診療においても、がん治療病院と一般病院との間の「病病連携」、また一般病院と在宅医療を支える診療所(在宅支援診療所)との間の「病診連携」が進んでいます。がん患者さんに切れ目のないケアを提供するために、当院では以下の医療機関と連携して診療にあたっています。

診療所 あおばクリニック、伊東内科小児科など
がん治療病院 九州大学病院、九州がんセンター、福岡東医療センター、千早病院、福岡和白病院など

外来診療日

外来診療日・診療時間については外来診療表をご確認ください。

外来診療表はこちら

医師紹介

山下 和海

診療部長、緩和統括部長、患者支援センター長山下 和海

自然体のホスピス医を心掛けています。現在、東区医師会理事を務めています。地域連携及び東区医師会の活動を通じて、地域社会の発展に貢献したいと思います。

出身大学
九州大学(平成6年卒)
出身医局
九州大学総合診療科
診療科
内科、緩和ケア内科
専門領域
内科、緩和ケア内科
学会・資格
  • 日本内科学会 専門医
  • 日本緩和医療学会 認定医・指導医
  • 日本老年医学会 指導医・専門医
  • 日本病院総合診療医学会
  • 日本死の臨床研究会
  • 日本東洋医学会
趣味
散歩、気功

佐藤 好史

佐藤 好史

日に何度か患者さんの部屋に行って話をして希望を聞き、患者さんが満足のいく入院生活を送れるように努めています。

出身大学
山口大学(昭和58年卒)
出身医局
山口大学麻酔科
診療科
緩和ケア内科
専門領域
緩和ケア、内科一般
学会・資格
  • 日本医師会認定 産業医
趣味
囲碁、音楽

笠 和子(非常勤)

笠 和子(非常勤)

患者・家族の皆様の“思い”に寄りそう医療を心懸けます。

出身大学
鹿児島大学(昭和54年卒)
出身医局
九州大学麻酔・蘇生科
診療科
緩和ケア内科
専門領域
臨床麻酔、緩和ケア
学会・資格
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会
趣味
神社仏閣、美術館、博物館巡りと温泉

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

092-691-6049(患者支援センター)

診療をご希望の方は、予約をお願いいたします。

診療について

ページの先頭に戻る

menu