• ホーム
  • 部署紹介
  • リハビリテーション科
  • リハビリテーションについて

リハビリテーションについて

心大血管のリハビリテーション

心大血管リハビリとは、狭心症や心筋梗塞など様々な心疾患に基づく身体的・精神的影響をできるだけ軽減させること、更に心疾患の原因となる因子の軽減と再発予防を目的とします。専門スタッフがリスク管理に努めながら個々の状態に合わせ、主に有酸素運動や筋力トレーニングなどを実施していきます。

運動器のリハビリテーション

腰痛、変形性関節症、骨折などの整形疾患に対して運動療法や物理療法、装具療法などを用いたリハビリを行うことで痛みの軽減や日常生活動作の維持・改善を行っていきます。
また動作指導などを実施し、より快適な生活を送れるよう指導・練習していきます。

脳のリハビリテーション

脳卒中を中心とする脳血管疾患、パーキンソン病などの神経疾患、寝たきりや不動などで生じる廃用症候群を有する方に対し、身体機能や歩行、日常生活動作の維持・回復を目的に運動療法や動作練習を行なっています。

がんのリハビリテーション

がんのリハビリテーションとは、がんそのものによる障害や治療の過程で制限を受けた方に対して、要望を尊重しながら生活機能と生活の質の改善を目的に関わっていきます。
具体的には、疼痛緩和や日常生活動作の改善(指導)、精神的援助などがあります。

呼吸器のリハビリテーションについて

呼吸器の病気によって生じた障害をもつ患者様に対して、呼吸法や排痰の指導による呼吸困難の軽減を目的としたリハビリを行います。
また、運動療法による体力の維持や改善、呼吸困難感の生じにくい動作の指導や練習を行いADL・QOLの維持・向上を図ります。

ページの先頭へ戻る