• ホーム
  • 部署紹介
  • リハビリテーション科
  • ロボットスーツHAL

ロボットスーツHAL

ロボットスーツHALとは

脳梗塞などにより脚に障害を持つ方や脚力が弱くなった高齢者の方々から、「もう少し脚が動くようになりたい。」「歩けるようになりたい。」などの声が聞かれます。ロボットスーツHAL®福祉用は、脚力・歩行機能をサポートし、歩くことの素晴らしを取り戻していただくことを願って誕生した、画期的な自立動作支援ロボットです。

HALの原理

人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から脊髄、運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わります。このときに発生する微弱な「生体電位信号」を皮膚表面に貼付したセンサーが感知しパワーユニットを制御してロボットの脚を動かします。

効果

1.リハビリ訓練の負担軽減
高齢や筋肉、神経などの障害により、立ち上がりや歩行に不自由を感じる方や補助が必要な方の負担軽減が期待できます。装着者に合わせて細かい設定が可能なため、幅広い方々に利用可能です。
2.心理的効果(モチベーション、意欲の向上)
HAL®を利用することで、装着者の動作訓練への意欲向上や、他の訓練への取り組み姿勢にも変化が期待できます。

適応可能な方

  • 加齢や怪我で脚力が低下した方
  • 脳梗塞により下肢に麻痺症状がある方
  • 頚椎損傷による不全麻痺を呈した方
  • 筋原性疾患(筋ジストロフィーなど)のある方
  • 身体のバランスを保持できない方…など

装着できない方

  • 妊娠中の女性
  • 生体電位信号が検出されない方
  • 心臓ペースメーカーなど能動型埋め込み医療器具を使用されている方
  • 医師が不適格と判断する症状を有する方
ページの先頭へ戻る