• ホーム
  • 部署紹介
  • リハビリテーション科
  • 川平法

川平法

川平法とは

これまで、脳血管障害(脳梗塞や脳出血など)によって破壊された脳の神経細胞は再生しないため、麻痺は回復しないとされてきました。しかし、医学研究の進歩で脳の可塑性(損傷した脳の神経細胞以外の部分が損傷部分を補う能力)が明らかになってきました。 川平法とは、手や足に刺激を与えることで脳の損傷した部分の代役を果たす神経回路の再建、強化をおこない機能回復を促進する新たなリハビリ法です。鹿児島大学霧島リハビリテーションセンター長の川平和美教授により提唱されました。

指の反復運動の一例

川平法では患者さまの麻痺した手足にそれぞれ決まったパターンの運動を繰り返しおこない、その運動に必要な神経回路に刺激を与えます。 実施するには専門の療法士が必要ですが、当院では既に6名の療法士が川平教授より直接指導を受け、受け入れ体制を整えています。 発症直後の方はもちろん、発症後半年を過ぎた維持期の方にも効果があると期待されており、現在注目されている治療法のひとつです。

川平先端リハラボ ホームページはこちら

ページの先頭へ戻る