• ホーム
  • 診療のご案内
  • 入院のご案内
  • 病棟について
  • 回復期リハビリテーション病棟

病棟について

回復期リハビリテーション病棟R4 R5 病棟

回復期リハビリテーション病棟では、地域の急性期病院で治療後の脳血管疾患や整形外科疾患の患者さまを受け入れ、土曜日・日曜日・祝日を含めた365日体制でのリハビリテーションを通じて日常生活に支障がない状態まで回復を目指します。 また当院は一般病棟を備えているため、万が一、症状の変化がおきた場合も迅速に対応することが可能です。 退院支援については、ソーシャルワーカーを中心に多職種のスタッフが情報を共有しながら、患者さまやご家族のご要望にそえるようサポート。在宅復帰が可能な方には家屋調査や外泊練習を実施し、在宅復帰が難しい方には施設へのご入居に関するサポートなどをおこなっています。 ご入院については対象疾患などの確認が必要となるため、地域連携センターまでお気軽にお問い合わせください。

あきらめないリハビリが私たちの合言葉

 2病棟(104床)を有する回復期リハビリテーション病棟では当院一般病棟あるいは地域の急性期病院で治療後の脳血管疾患や整形外科疾患の患者さまをお受入れし、リハビリテーションを通じて日常生活に支障がない状態まで回復を目指します。

回復期リハビリテーション病棟の特色

● 摂食嚥下リハビリテーション

 高齢者の肺炎は抗生剤の投与で治癒しますが、誤嚥による場合は発症を繰り返し、生活の質も急速に低下します。当院では誤嚥性肺炎の発症防止を目的に歯科医、言語聴覚士により嚥下評価、訓練を実施しています。

● 病院グループによるバックアップ

 特に高齢者の場合、疾患により入院期間に制限がありますが期間内に自宅に戻ることが困難な場合でもグループ内の高齢者施設を利用しリハビリテーションの継続が可能です。

● 急性期病棟の併設

 原土井病院は急性期治療を行う一般病床を備えていますのでリハビリ中に症状が変化したり、複数のお病気がある場合にも院内で迅速に対処可能です。

リハビリテーションについての詳細はこちら

入院対象疾患と入院期間について

疾    患 発症から入院
までの期間
病棟に入院
できる期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
※高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

外来診療・受付時間

月~金曜

午前
9:00 ~ 12:00
午後
13:15 ~ 17:00

※火曜午後のみ14:00開始

土曜

午前
9:00~12:00

お問い合わせ・アクセスマップ

原土井病院
〒813-8588 福岡市東区青葉6-40-8

電話:092-691-3881(代表)

ページの先頭へ戻る