たいようの里 デイサービスブログ

共に生きていく、そんな思いで、その人の毎日を支えます。

2021新春書初め

2021.01.05 |

新年明けましておめでとうございます。

今年も新型コロナウィルスの関係で自粛の年越しとなりました。

明るいニュースが1つでも多くお知らせできればと思い、

新年をお迎えしております。

さて、年始最後の休日に近所の山の上にある開けた公園にだけ行き、

子供たちと凧あげをしてきました。

最近の子は当たり前のようにあげ方をしりません。

うちの子もしかり。周りの子供達も苦戦しており、

すぐに地面に落下していました。

そんな子供たちを横目に、未確認飛行物体か!!ってくらい

限界まで糸を伸ばして50m以上あげました。

こどもたちに「恥ずかしいからやめて」と言われても

大人力を見せつけた支援員石橋です。

たいようの里デイサービスでの新年1発目のレクは

「2021新春書初め大会!」です。

テーマは自由です。

文字ですらなくて良し。

「筆と墨をつかって半紙に書く」という行為が

おめでたいと私個人として思います。

ですので、皆さん自由に描いてもらいました。

こういう時、サッと迷うことなく思いついて

書き切る利用者さん、スタッフ、

気持ちいいですね。

最後はちゃんと張り出して、現在デイサービスに飾っております。

こういった状況下でも、季節ごとのイベントを通じて

四季や節目節目を感じて頂ければと思います。

2021年もまた、宜しくお願い申し上げます。

たいようの里デイサービス

スタッフ一同。

たいようの里とは

たいようの里

当施設は「その人らしさ」と「ぬくもり」をテーマとし、障がい有無に関わらず、誰もが相互に人格と個性を尊重しあい、支えあいの精神で「共生(共に生きる)」 できる社会づくりを目指すために、福岡市・名子の地に誕生しました。